«

»

10月 07

どんな形にせよ他人に愛されたい

ですから、本来は、女性が恋をすると多少太るものです。それが、恋やつれなどといって痩せたりするのは、相手の気持ちをはかりかねたりして、不安に悩むからです。あるいは食欲がなくなったり、ダイエットしたりするからということもあるでしょう。もともと「美しい」というのは、「いつくしい」ということでもあり、相手を愛したいという気持ちにさせる、要するに異性を引きつけることです。ひと口に「美しい」といっても、高慢ちきな美しさもあれば、マゾヒスティックな美しさ、また哀れみをもよおさせる美しさなど、さまざまです。しかし、基本的な意味あいは、どんな形にせよ他人から愛されたいということです。常にそういう意識をもって行動している女性が、美しくないはずはありません。そうすると化粧も念入りになりますし、服装も気をつかうようになります。髪もきちんとブラッシングしていくようになるでしょうし、ジーパンをはくにしてもはき方がちがってくるでしょう。とにかく、ハッピーな恋をしている女性は輝いて見えるものなのです。逆に言えば、美しくなろうと思ったら恋をするのが一番ということでしょう。結婚前にで、相性ピッタリの相手を見つければ結婚生活の苦労はもっと減るだろう。また人間は、芸術でも学問でもビジネスでも、またスポーツでも、何か一つのことに打ち込んでいると美しく見えるようになります。これは、ものごとに集中するとアドレナリンが大量に分泌されるからです。アドレナリンが分泌されると、目の輝きがちがってきます。

DN027_L