10月 07

お見合い結婚

たしかに、仕事に熱中している男の背中はカッコいいなどと多くの女性が言いますし、夢中で踊っている女は美しいと、多くの男性は思うものです。私たちは、ふだん仕事や宿題を一生懸命やっているように見えても、実際はいやいややっていることが多いものです。いやいや集中したり、いやいや歯を食いしばっていても、けっして美しくは見えません。ところが、自分が本当に好きなことに打ち込んでいるときは、顎が引けて、視線が前か上を向きます。これは、人間がかつて動物的存在であった頃、狩りや戦いに一生懸命打ち込んでいたときの姿勢とまったく同じです。すると、精気がみなぎってくるのです。出会いはここに→いくらでもあるけど、出会った人といつまでも仲良くいられるかはあなた次第です。

O男くささに用はない
さらに、近代のイギリス、日本では明治以後、男性は背広というはなはだ目立たない服装をするようになり、自分を脱性化していきます。これは、ビジネスやマネージメントの世界では脱性化された服装のほうがいいからです。それによって、公的な自分と私的な自分を区別することもできるようになりました。そうしたこともあって、男性はまったく化粧をしなくなっていったのです。また日本の場合、お見合い結婚という制度が存在していたこともそうした背景の一つとして考えられます。お見合い結婚は、たしかに見た目の印象も大切ですが、それよりも社会的ステータスや学歴のほうが重視されます。ですから、お化粧などをしているのは、男らしくないということになります。

DN112_L

10月 07

どんな形にせよ他人に愛されたい

ですから、本来は、女性が恋をすると多少太るものです。それが、恋やつれなどといって痩せたりするのは、相手の気持ちをはかりかねたりして、不安に悩むからです。あるいは食欲がなくなったり、ダイエットしたりするからということもあるでしょう。もともと「美しい」というのは、「いつくしい」ということでもあり、相手を愛したいという気持ちにさせる、要するに異性を引きつけることです。ひと口に「美しい」といっても、高慢ちきな美しさもあれば、マゾヒスティックな美しさ、また哀れみをもよおさせる美しさなど、さまざまです。しかし、基本的な意味あいは、どんな形にせよ他人から愛されたいということです。常にそういう意識をもって行動している女性が、美しくないはずはありません。そうすると化粧も念入りになりますし、服装も気をつかうようになります。髪もきちんとブラッシングしていくようになるでしょうし、ジーパンをはくにしてもはき方がちがってくるでしょう。とにかく、ハッピーな恋をしている女性は輝いて見えるものなのです。逆に言えば、美しくなろうと思ったら恋をするのが一番ということでしょう。結婚前に結婚相談所 比較 で、相性ピッタリの相手を見つければ結婚生活の苦労はもっと減るだろう。また人間は、芸術でも学問でもビジネスでも、またスポーツでも、何か一つのことに打ち込んでいると美しく見えるようになります。これは、ものごとに集中するとアドレナリンが大量に分泌されるからです。アドレナリンが分泌されると、目の輝きがちがってきます。

DN027_L

10月 07

結婚してから

男も女も動物的な本能で恋をする●「女は感情的な動物である」というのは俗説●女が男に比べて感情的なのは、肉体と感情との距離が近いから●男でも、顕示欲が強い見栄っ張りはヒステリーになるO女性は男性よりも感情的か?昔からよく、「女は感情の動物だから」という言葉がささやかれてきました。たしかに、恋をしているとき、あるいは結婚してから、女性の感情の起伏の激しさに悩まされた経験のある男性は少なくないことでしょう。この言い方は、女性を動物扱いにして患弄したものですが、動物的本性を残しているという点では男性も同じでしょう。しかし、いったい「女は感情の動物である」というのは本当なのでしょうか。たしかに、女性は男性に比べると、左脳と右脳の機能がそれほどはっきり分化していませんから、間脳や脳下垂体、辺縁系機能がホルモンの影響によって変動しやすいのはたしかです。ですから、多少は当たっていると言えます。ここを読んで理解したらここ→結婚相談所 選び方 で素敵なパートナーを探しましょう。しかし、最近はそれほど顕著な差が見られなくなったというのが本当でしょう。もともと、男性に比べて女性のものの考え方が理性的でないというのは、理性と感情を分けてしまい、理性が唯一の支配者だと考える十七世紀以来のヨーロッパの思想なのです。しかしこれは正しいのでしょうか。イギリスの文豪チェスタートンは、「狂気の人とは理性のなくなった人のことではなく、理性しかなくなった人のことである」と言っています。

DN041_L

10月 07

選択権のない結婚

源平盛衰記』の中に、一ノ谷の戦いで源氏の武者・熊谷次郎直実は、敗走しようとする平敦盛に、「おまえは敵か味方か」と問いただす場面があります。敦盛が「味方だ」と答えて逃げようとするところを、「源氏にお歯黒をつけている者がいるか」と一喝するのです。平安時代の男性の服装は、とにかくケバケバしいものでした。これは、平安時代の婚姻が、宮廷というものの存在をパックにした妻問(つまど) い婚(夫が妻の閨房を訪ねていくという様式)だったため、男性のほうから女性にアピールしなければならなかったからです。新しい出会いがで、あったらここで紹介したことを気にしてみてください。恋の歌を読んだりするのもそうした一環でしょう。平安時代の男性の求愛行動は、優雅ではありましたが、とにかくひじょうに手のかかるものだったのです。戦国時代に入るまでの日本の男性の装いは、ひじょうに重要な役割を果たしていました。武士の正装は、自分が強い男であり、能力があるということをアピールし続けるためのものでした。また、敵に対する威嚇(いかく) という意味もありましたし、さらに、自分を召しかかえてくれる有力な主君を見つけるためのPRでもあったのです。当然、求愛行動においても、自分をアピールする武器でした。ところが戦国時代以降、封建制度が確立するにしたがって、女性はまるで物品のように扱われるようになり、結婚についても女性の選択権はまったくなくなりました。そうなると、男性は派手に装う必要がなくなります。

DN038_L

10月 07

本能的な求愛

年配の人たちは、そうした風潮を見てマュをひそめているかもしれませんが、これは動物にとってはごく自然で本能的な求愛行動といっていいでしょう。人間以外の哺乳動物を見ると、ライオンのたて髪、孔雀(くじゃく) の羽根など、オスが飾りたててメスに求愛行動をするのはけっしてめずらしくありません。動物の場合、メスがオスに期待するのは、ただ子種をさがすことだけで、「配偶行動」のあとでオスがメスに与えるものはほとんど何もありません。そのため、オスのほうが積極的に求愛行動をしなければならないわけです。もちろん、人間にもそういう面はありますが、人間の場合、性別(ジェンダー)による役割分業がある社会では、女性の個体を維持したり、あるいは種族維持のために子供を育てなくてはなりませんから、男性が経済的な保証をします。面倒見が良いオンナはモテます。あなたも出会い系 サクラいない ←ここで頑張ってパートナーを見つけましょう。古代社会では、武力的な保証をしていました。そうしないと、人間のメスは効率的に子づくりをすることができないからです。そうなると、メス(女性)のほうは必死になってオス(男性)を誘惑しなくてはなりません。それが、女性が美しく着飾ったり、一生懸命にお化粧したりする根本的な理由です。ところが日本の場合、男性がお化粧をしなくなってから、実はそれほど長く経っているわけではありません。もちろん、男性のお化粧は「配偶行動」をうながすためのものではありませんが、平安時代の男性は皆、お白粉やお歯黒をつけたりなど、お化粧していたのです.

DM055_L

10月 07

集団無意識

「アニマ」も「アニムス」も、集団無意識という形でふだんは心の奥底に眠っているのですが、人間は先天的に持っているもので、社会に適応するために、それを抑圧しているというのがユングの説です。そうしたものを抑圧する要因となっているのは、男性は男らしくあらなければならない、女性は女らしくあらなければならないという社会通念です。そしてユングは、その結果として、ふだん表出している人間の心理のことをギリシャの古典悲劇に出てくる言葉を借りて「ペルソナ(仮面)」と呼びました。ペルソナは、英語のパーソナリティという言葉の語源にもなっています。要するに、人間は仮面をつけて社会に適応しているわけで、どんなに男らしく見える男性にも、本当はそうしたアニマの部分があり、どんなに女らしくみえる女性の中にもアニムスの部分があるはずだというのです。ところが、それをあまり抑圧していると、かえって精神的に不健康になるといいます。夢に出てくることもあれば、精神病になったときに表出することもあります。また、「男らしさ」「女らしさ」とかいった規範がゆらぎ、そうした社会的抑圧が失われた場合にも表出します。もし、あなたが恋愛向きなら、出会いがない 社会人 ←ここで将来の結婚に向けて経験値を増やしましょう。女が男に優しさを求めはじめると男は化粧をしはじめる●男の化粧は女への求愛活動の一環である●男は、女を護得するために「優しさ」をアピールする○平安時代の男性はお化粧をしていた最近は、男性も美顔願望が強くなっているようで、男性がお化粧をするのも、さほどめずらしいことではなくなっています。

DM046_L

10月 07

結婚するために優位個体を象徴

髭といえば、江戸時代の武士は、髭をたくわえることを許されていませんでした。許されていたのは、殿様だけです。武士はもうかつてのような戦闘者ではなく、主君に忠実に仕える官僚であるということを自覚させ、男性としての自己主張をさせたくなかったからにほかなりません。逆にいえば、殿様の生やしていた髭もやはり、優位個体であることを象徴するものだったのです。そうした意味からすると、ペニスのサイズにこだわったり、髭を生やそうとしたりするのは、自分の男性度に対する不安があるからだととらえることもできます。相性が合う結婚相手をでみつければ、夫婦間に問題が生じて解決するためにここに書いたような大変なことをしないで済むかもしれません。

○男も女も、心の中に異性が眠っている
もっとも、生物学的にみれば男性の身体の中にも女性ホルモンがまったく存在しないわけではなく、女性の身体の中にも男性ホルモンが皆無というわけでもありません。したがって、男性はただ男らしいばかり、女性はただ女らしいばかりではないのです。ところで、分析心理学の立場からスイスの精神科医、C・G・ユングは、男性の心の中にも、ふだんは隠れてはいますが、「アニマ」といって、女性的な部分があるといいます。夢の中にくり返し登場してくる女性は、その人の「アニ亘ですし、夢の中で自分が女性になった夢や結婚した夢を見る場合は「アーニ」が出現しているのです。また、女性の場合も、同じように隠されてはいますが、「アニムス」といって男性的な部分があります。そして、現代は、男性の中の「アニマ」、女性の中の「アニムス」がかきたてられている時代だというのです。

DM034_L

10月 07

異性を引き付ける魅力

○「男」へのこだわりが強い人ほど……男性のなかには自分のペニスのサイズにこだわったり、身長が低いことにコンプレックスを抱いたり、大人っぽく見せようとをたくわえたり、男らしく見られたいと思って筋肉を鍛えるためにスポーッジムに通ったり、あるいは真っ黒い肌をつくろうと日焼けサロンに通ったりする人がけつこういるものです。これは女性が化粧をし、エステに通い、美容院に行き、ファッションに凝るのと、理由は口髭(くちひげ) まったく同じです。結論から先にいうと、これらはいずれも、自分が「配偶行動」の対象として、異性をひきつける魅力をできるだけそなえておきたいと考えるからです。異性を引きつけろと、これまた遺伝子が命じているわけです。人間の場合は、もともと肉体だけではなくて、服装の要素が加わりますから、どういうやり方で異性をひきつけるかというやり方は異なりますが、一般原則としては、自分の「男性らしさ」「女性らしさ」を強調して異性をひきつけようとするのです。中世ヨーロッパの男性は股袋をつけていましたし、古代の原始民族は裸体にペニスケースをぶら下げていました。いずれも、ペニスの大きさを誇示することで、自分を性的な意味での優位個体としてアピールするのが目的でした。それによって、女性の「配偶行動」をうながそうとしたわけです。出会いはここに→いくらでもあるけど、出会った人といつまでも仲良くいられるかはあなた次第です。その意味では、口髭も、女性の乳房と同じように、自分がより魅力的な男性であることを主張するためのものといえます。

DM056_L

10月 07

恋愛のプロセス

しかし、これは男性の脳の機能が局部的であるのに対し、女性が全体的であることからすれば、当然のことと言えましょう。こうした違いは、セックスだけに限りません。それ以前の恋愛のプロセスにおいても、顕著に出てきます。たとえば、男性は女性を口説き落とす段階ではひじょうに熱心に取り組みます。ところが、ひとたび口説き落として、一度でもセックスをすませば、その女性に対する興味を失ってしまうことすらあります。そうした男女の行き違いは、『万葉集』や古代ギリシャの神話以来、現在もなお続いていることなのです。これを読んでいれば、ここ→で、出会った人はあなたから離れられないかも。初めのうちは心や体を許してくれない女性に対して、まるでその女性しか見えないように言い寄ってきたのに、ひとたびセックスをすると、自分のところにまったく顔も見せない男性に女性でうらみごとを述べるというパターンなわけです。ただ、最近では、男女の地位関係が変化しつつあり、女性の社会的プライドも高まりつつあります。セックスに関しては、女性は常に待たされている側であるなどと思っていると、これはそのうち愛想を尽かされるかもしれません。異性をひきつけるために男はペニスのサイズにこだわり、女はエステに通う●ペニスのサイズにこだわるのは、男としての自信のなさのあらわれ●女がエステに通うのは、自分がより魅力的な存在であることをアピールするため

DM012_L

10月 07

恋の神髄

女性ホルモンが男性ホルモンに比べて影響力が大きいのは、女性に生理(メンス)があることによっても、理解できるでしょう。そして、これはセックスのときに顕著な差となってあらわれます。男性の場合、性的な興奮は、性器の勃起という、ひじょうに直接的・局在的なかたちで表現されます。ところが女性は、性ホルモンの分泌といった、自立神経全体の反応、体全体の反応として表現されるのです。実際、女性が性的に興奮すると、乳頭も勃起しますし、全身の皮膚がひじょうに敏感になってきます。さらに、皮膚の湿潤度も増してきます。これからここ→で、出会う結婚相手との関係が難しくなったとき、この話を思い出してください。こうした現象は男性にはまったく見られません。そして、男性の性欲の高まりは、射精というごく一過的な現象によって満たされて終わります。射精を完了すると、男性の性欲は一挙に衰えます。これに対して女性の性欲の高まりは持続的です。興奮にいたるまでの時間も長く、性的オルガスムスを得てから性欲が衰えていくのも、潮がゆっくり引くようなかたちをとります。愛しあっている男女がセックスしても、男性の場合、「事」が終われば急にかったるい気持ちになるのは、その意味では当然のことなのです。逆に女性は、そうした男性を見て、がっかりするというわけです。女性は、男性と抱き合いながらインサートされ、そこで語り合ったりすることにむしろ恋の神髄(しんずい) を見出しているのです。

DM020_L